スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.01.24 Saturday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    舞鶴 逍遙

    0
       
      京都の日本海側に舞鶴がある。

      遠くは細川幽斎の城下町であり、

      また明治時代
      東郷平八郎が海軍・舞鶴鎮守府の初代司令長官として指揮を取った軍港の町だ。






            五老ヶ岳から舞鶴湾を一望







          1kmの湾の入口に、火力発電所がある







               湾には駆逐艦が停泊







        岸壁の母
        戦後、大陸から66万人の人たちがここに引き揚げた







             今は大きな橋が架かってる







             そして、また一日が暮れていく




      you Tube での舞鶴逍遙です。

      http://www.youtube.com/watch?v=vjML9svFl7Y&feature=youtu.be








      びわ湖バレー

      0
         
        京都から車で 1時間もあれば、1,174mの山頂に行ける。

        冬はスキー場、夏は高原となる。
        今は120人乗りのゴンドラで、山麓から5分もかからない。

        夏の終わりに訪ねてみた。

        そこは下界とは違った天国が広がっていた。


        ロープウエイ

                    しばらく、ゆらゆら揺れて


        大津方面

                大津方面を眺望、右に比叡山がある





                    北の湖を遠望する。


        眼下に琵琶湖の大パノラマが。

        美しい!



        湖北方面

                    恋人の聖地、鐘を鳴らす



        雲

                 山際から上は、もう秋の雲が



        地平

                  遙か北山連邦、そこは天と地の境

        季節季節に訪れてみたいものだ。

        さらにYoutubeで、よろしければ。

        http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=XYnOCtkzbh8




        竹田城

        0




          一度行ってみたいと思ってた竹田城。

          日本のマチュピチュ・・・『天空の城』とも呼ばれている。

          それは虎臥山(とらふすやま)、海抜352mの山頂にあった山城だ。

          1431年に城は完成したと言われているが、わからない。

          なぜ、このような高い山の上に?

          石垣の石をどうやって運び上げたのだろうか?

          水は?

          労働は誰が?

          いろいろな疑問がわいてくる。

          雲海に浮かぶ竹田城を見たかった。

          だが、今回は晩夏の城跡だった。





                  石段は天空の青空へとつづく





                 高台の向こうは・・・紺碧に白い雲





                    空に溶け込むカップル





                     石垣のシルエット
            




                   山頂より城跡を超えての遠望





                   確かに、ここに城があった





                    石垣の城壁は頑強に





               向かいの立雲峡(りつうんきょう)より一望





                 なぜ?
                 この山の山頂に城を築いたのか?




          YouTube  竹田城逍遙へ ⇓

          http://www.youtube.com/watch?v=0OQRya-3IgI&feature=youtu.be






          今日は今津か 長浜か ♫

          0

             琵琶湖就航の歌は・・・

            ♫ われは湖(うみ)の子 さすらいの ♫ で始まる。

            そして、3番は 

            ♫ 行方定めぬ 波枕  今日は今津か 長浜か ♫  となる。

            この今津に、西友(にしとも)という川魚屋がある。
            本店は大通りにあり、もう一軒は駅前商店街にある。

            今回、訪ねてみた。




            西友の本店、立派な店構えだった。


             

            人通りのない閑散とした駅前商店街。
            みなさん、やっていけてるのかと心配に。




            商店街の川魚屋、昭和の雰囲気がした。


            今津の湖(うみ)は穏やかだった。



            向こう岸は、長浜、彦根、近江八幡が遠望できる。




            比良山の裾野は琵琶湖に吸い込まれ、静か。




            夏の終わりの ・・・ 満月寺の 浮御堂(うきみどう) ・・・

            不思議な色彩に輝いていた。






            安土城

            0
               
              時は1578年、織田信長は天下統一を目論み安土城を築城した。
              五層七階の天主を抱いた。
              イエズス会宣教師は記述した。
              最上階は金色、下階は朱色の八角形。
              内部は黒漆塗り、そして華麗な障壁画で飾られていた…と。


              古い図

                                   古い図

              1582年、明智光秀は安土城訪問中の徳川家康を接待していた。
              しかし、突然信長より命を受ける。
              羽柴秀吉援護のため出陣せよと。
              その後、明智光秀は10日間ほど行方不明に。
              その後、愛宕山で「時は今 天が下知る 五月哉」と詠んだ。
              裏に秘められた意味は「今が時、天下は明智が」。
              そして6月2日の未明、水色桔梗を旗印に、老いの坂を越え、信長が眠る本能寺を攻めた。


              安土城へ

                                 安土城へ



              大手門への

                        大手門への石段


              石仏

                            信長は石仏も石段に使う


              天主跡

                          天主跡、向こうに琵琶湖が


              多景島

                          小さな島、多景島が望める

              49歳で天下統一の夢破れた織田信長。
              安土城はそれらの無念さすべてをみていたことだろう。


              三重の塔

                        いまも三重の塔がある

              そのせいか、この城山にはいつも霊気が漂っている。

              杉木立

                         杉木立に霊気が
                 
              20120905
              織田信長を題材にした、型破りの小説。
              それはこちらへ。

              http://novelist.jp/45940.html


              YouTube画像は ⇓

              http://www.youtube.com/watch?v=W_TyzdS56Hk&feature=youtu.be




              calendar

              S M T W T F S
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << October 2018 >>

              プロフィール

              profilephoto

              作家です。
              これは面白い!
              という物語を書きたいと思ってます。
              詳細は こちらのホームページへ
              どうぞ。    ↓      

              http://ayukazeyuu.net/index.html よろしくお願いします。

              最新の記事

              カテゴリー

              月度別ファイル

              リンクでつながろう

              recent comment

              Twitter

              profile

              search this site.

              others

              mobile

              qrcode

              recommend

              PR